伊賀総合ケアセンター シルバーケア豊壽園 三重県伊賀市/老人福祉施設/2012

建物概要

建物名称 伊賀総合ケアセンター シルバーケア豊壽園 用途/テーマ 老人福祉施設
発注者 社会福祉法人洗心福祉会 構造/階数 RC造・5階建て
所在地 三重県伊賀市 延床面積 9,238㎡

設計のポイント

三重県伊賀市に建つ、複合老人福祉施設のプロジェクトである。この地は三重県でも内陸の高地に位置するため、冬は比較的寒冷である。また計画地は、大阪~名古屋間の主要道路、名阪国道沿いにあり、断熱・遮音性に優れた鉄筋コンクリート造の建築で計画しています。 多種の用途が混在するため多層建築とし、各階に振り分ける事で整理、中央に共用部、端部に住戸部を配し、管理面での効率向上を考慮している。 外観は、歴史ある伊賀を思い起こさせるような、素材(木・陶器・瓦・紙など)、色彩(白・濃淡茶・濃灰など)、形状(格子など)といった和のイメージを、現代的素材などで表現している。