(株)シード豊中新工場 大阪府/工場/2021

建物概要

建物名称 (株)シード豊中新工場 用途/テーマ 工場
発注者 (株)シード 構造/階数 S造・地上3階
所在地 大阪府 延床面積 4,611㎡

 

■設計主旨

青地に白い「Radar(レーダー)」の筆記体で知られる老舗消しゴムメーカーの本社工場である敷地は大阪空港に近い豊中市の産業誘導区域に指定される今後の発展が見込まれる場所に位置している三方が道路に囲まれた敷地に対して、隣地側にも搬入動線を確保するよう建物を中央に配置し、その恵まれた立地条件をいかす計画とした。 建物は建物エントランス事務室、食堂等からなる3階建の事務エリアと、2層分の高さがある製造工場倉庫と加工・包装工場の2階建ての工場エリアで構成されている。外装にはALCを採用し、工場エリアの横張りと事務所エリアの縦張りを組合せながらメーカーの主力商品をモチーフにした青と白を用いた印象的なデザインを目指した。内装については工場エリアも含めて、文具のカラフルで楽しいイメージを表したいと考え随所にアクセントカラーを用いた明るい色彩のデザインとした。周辺が低層の工場、住宅であるため、見晴らしの良い3階に設けた食堂からは飛行機の姿がよく見え働く環境の中でも、気分転換が可能なスペースになっている。