OIT梅田タワー 大阪府/学校/2016

建物概要

建物名称 OIT梅田タワー 用途/テーマ 学校
発注者 学校法人常翔学園 構造/階数 S+SRC造・地上22階、地下2階
所在地 大阪府 延床面積 33,329㎡

設計主旨

「OIT梅田タワー」は、学校法人常翔学園100周年記念事業の一環として、大阪梅田の中心に建つ学園のフラッグシップとなる、平面的な広がりを持つ従来のキャンパスにはない、高層のアーバンキャンパスタイプの先駆けとなる建物を計画した。高層部は大学施設ゾーン、低層部はにぎわいゾーンと位置づけられフロア毎に異なる平面プランを持つ、他に類を見ない積層型タワーキャンパスとなっている。うるおいとにぎわいの拠点また、防災の拠点としての機能をもち、まち全体の回遊性向上や活性化を担う計画とし、産・官・学・民が密接にかかわることのできる施設となっている。